ホーム
研究テーマ
センターの概要
組織とメンバー
セミナー・講演会
ニュースレター
関連行事
解説記事
受賞
アクセス
リンク
東京大学における研究紹介
To English Page

教職員の皆様へ
センター内専用


センターの概要と目的


センター長 鹿園直毅 エネルギー工学連携研究センター長
鹿園 直毅


 国際的なエネルギー需給の逼迫動向のもとでエネルギー安全保障を確保し、地球温暖化防止のためにCO2を大幅に削減することが重要課題となる中、エネルギー・環境技術に課せられる役割は大きい。東京大学では、エネルギー・環境問題の解決に不可欠な革新的な技術の創成を目指し、生産技術研究所と工学系研究科が共同でエネルギー工学連携研究センターを設立しました。

 エネルギー工学連携研究センター設立の目的は、本学におけるエネルギー・環境技術に関する工学分野の国際的連携拠点を形成し、エネルギーの高度有効利用技術の開発を行うとともに、エネルギー工学の学問体系を構築し、サステイナブルな産業・社会の構築を産官学連携により推進することであります。また、広範囲に跨るエネルギー分野に対して俯瞰的な見識を有し、革新的エネルギー技術開発を担う人材を育成することも、重要な任務と考えております。広範な分野に広がるエネルギー分野において、全体を俯瞰しつつ長期ビジョンのもと革新的なエネルギー・環境技術の開発を行い、エネルギーと環境問題の同時解決を目指します。


センター組織図